いい塩梅で育児など。~育児漫画ブログ~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

あめふりのダンディズム

今日はあめふり。
だからという訳ではありませんが、ゆうとを抱っこしながら童謡「あめふり」を熱唱していました。
雨 雨 ふれふれ 母さんが~
って歌です。
最近童謡を沢山聞いていますが、数ある中でもこの曲相当カッコいいんです。
何がカッコいいって、その歌詞。
1番は、「雨が降ってきて、蛇の目傘で母さんがお迎えに来てくれて嬉しい」という有名な内容。
2番は、主人公のうきうき具合を表す歌詞が続きます。
3番は起承転結で言うところの「転」でしょうか。主人公は柳の下でずぶ濡れになっている子を見つけます。
そして4番。主人公は傘の無い子にこう言うのです。

君 君 この傘 さしたまえ

「さしたまえ」!!
なんて紳士な小学生(推定)でしょうか。

最後の5番がまたカッコいい。

僕ならいいんだ 母さんの 大きな蛇の目に入っていく

しびれます。

「すいかの名産地」と並んで「あめふり」は私の中でヘビーローテーションです。

↓テレビに釘付けなゆうと。





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

私もこの歌、よく歌うけど歌詞、よく知らないんだ。5番まであるんだね!しかも、そんな結末だなんて・・・(笑)。すごく紳士的な少年なんでしょう!(笑)

記憶の中の童謡って歌詞が適当だったり、一部しか覚えてないよね。
でも、じっくり聞くと結構奥が深かったり、意外な展開になってたりするんだよね(笑)
ブログランキング参加中
クリックして頂けると嬉しいです!

FC2Blog Ranking
子供服・子育てブログランキング

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
カテゴリ
最近のコメント
FC2カウンター
RSSフィード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。